トップページ > 収蔵作品のご案内 ペンダントの間

収蔵作品のご案内

ペンダントの間

愛おしさを感じるガラスアートの妙。優しく灯る明かりに癒される。

愛おしさを感じるガラスアートの妙。優しく灯る明かりに癒される。

水の都・ヴェネツィアの光と色彩で統一された「第二展示室」の先には、心やすらぐ「明かりの美」の世界が広がっています。スタンドやランプ・シェイドなど、優しく灯る明かりの芸術の数々は、思わず欲しくなる逸品ばかり。天井から下げられた明かりのまわりは5枚の鏡に囲まれ、そこに映る作品やのぞき込んだ顔が万華鏡のように見える仕掛けになっています。

画像をクリックすると拡大します。

ヴェネツィアでの制作活動について

しかしよく考えてみると
「美」というものに対しては
日本も外国もなく
「美しいものは美しい」という
見方があるんだよね
僕は二つの国から素晴らしい
感覚を受け継いだと思っているよ

ヴェネツィアでの制作活動について1 ヴェネツィアでの制作活動について2
解説

日本を離れ、ヴェネツィアで励んだ創作活動。藤田喬平にもたらされた影響は大きなものだったと言えるでしょう。自分が納得する作品づくりに明け暮れた約30年にわたるヴェネツィアでの制作活動で、ひとつの結論に達します。それは、『美しいものに国境はない』ということ。単純明快なこの答えに、これまでの活動が間違いでなかったことを確信したのではないでしょうか。

作品の一例
  • スタンド
    スタンド

    Light Stand
    H61.0 W33.0 D33.0cm
    制作:イタリア・ヴェニス(1994)

  • ペンダント
    ペンダント

    Pendant
    H36.0 W30.0 D30.0cm
    制作:イタリア・ヴェニス(1994)

TOP


開館時間 9:30~17:00
※企画展最終日9:30~13:30
※月末最終日9:30~15:30
定休日:【2019年】1/7(月)~1/8(火)、
           1/28(月)~1/31(木)、
           2/25(月)~2/28(木)