• TOP
  • お知らせ
  • 【SDGs#3】温泉熱利用システムの導入で年間68トンのCO2排出量削減を実現
  • ゆと森倶楽部

2021.11.25

  • 特集

【SDGs#3】温泉熱利用システムの導入で年間68トンのCO2排出量削減を実現

温泉から再生可能エネルギーをつくり、省エネ・高効率化を実現

「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部では、「令和3年度 ヒートポンプ・蓄熱システム運転管理等の改善事例 奨励賞」を受賞しました。「廃熱」に着目し温泉廃熱を利用したヒートポンプシステムの導入により、再生可能エネルギーの活用と環境負荷の低減を実現しました。

■導入効果(前年比較)
【重油】使用量:25,000ℓ減、使用量増減率:17.4%減
【CO2】削減量:68トン

地球の恵みである温泉資源を無駄なく活用することで、地球環境にやさしいリゾートホテルの実現と経営体質の更なる強化に繋げていきます。来年度は廃熱回収システムの更なる最適化を行ったシステムをグループ店舗へ順次導入予定です。
【SDGs#3】温泉熱利用システムの導入で年間68トンのCO2排出量削減を実現
【SDGs#3】温泉熱利用システムの導入で年間68トンのCO2排出量削減を実現
【写真上】温泉の廃湯熱を利用して温泉の加温・ボイラーのプレ加熱を、地下水熱を利用して室内冷房を行います
【写真下】令和3年度「ヒートポンプ・蓄熱システム運転管理等の改善事例」奨励賞受賞

協力:株式会社東北開発コンサルタント/クラフトワーク株式会社

旅行新聞一面に掲載されました

2022年1月1日(土)発行「旬刊旅行新聞」に、温泉から再生可能エネルギーをつくり省エネを実現したゆと森倶楽部の廃熱システムが紹介されました。
【SDGs#3】温泉熱利用システムの導入で年間68トンのCO2排出量削減を実現
省エネを実現したゆと森倶楽部の廃熱システム

ゆと森倶楽部公式サイト