• TOP
  • お知らせ
  • 【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました
  • ゆと森倶楽部

2021.08.25

  • 特集

【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました

【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました
「蔵王の森」がつくる美と健康の温泉宿 ゆと森倶楽部では、この夏、蔵王山国定公園内13万㎡にある23,000㎡の庭をリニューアルオープンしました。

古い構築物を取り壊し、周囲の自然との調和と景観美を意識した自然に還る継続可能な庭づくりを目指し、蔵王の森の四季をうつす水鏡や、木もれびが心地良いテラス、森のさんぽみちが新しく誕生しました。森の緑や風、香り、鳥のさえずりを聞くといったような「森林浴」や、散歩をしながら写真を撮ったり、ベンチに腰掛けたりと自分の好きな過ごし方を見つけて自由に過ごすことができます。
ゆっくり深呼吸したくなるような環境の中で、自分自身に向き合い、リフレッシュするための贅沢な大人の休日が過ごせます。
【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました

【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました

【SDGs#2】宮城蔵王の自然環境を生かした23,000㎡の庭が生まれ変わりました

【写真上】木々や空がうつりこみ、水の流れる音が心地良い「水音の水盤」
【写真左】蔵王の心地良い風が通り抜ける「風の丘」
【写真右】鳥のさえずりや森の香りを感じるウッドデッキ

「理想の日常℠」に出会う、大人の森林温泉リゾート

ホテルでも旅館でもない、「美と健康」をテーマにした自由で快適な倶楽部スタイルをコンセプトに、温泉やヨガをはじめとしたアクティビティ、野菜ソムリエによるオーダーメイド料理を提供するゆと森倶楽部。
日常の喧騒から離れ、蔵王の自然の豊かさを感じながら自分を見つめ直すリトリートステイが叶います。

ゆと森倶楽部公式サイト